伊藤久右衛門のお中元を贈って、暑い夏を涼しく過ごしていただきましょう

 

>>>伊藤久右衛門 お中元はこちらから<<<

 

私がお中元に何をもらうとうれしいか、考えてみました。
やっぱり、涼しさが感じられるものがうれしいですね。
伊藤久右衛門のひんやり抹茶スイーツなら、そんな暑い夏に贈るお中元に最適だと思うんです。
京都宇治の上質なお茶だけを使った本物の味は、お茶屋ならではで、これならきっと相手も満足できるはずですよね。

伊藤久右衛門の歴史

抹茶スイーツという、比較的新しい物を販売しているお店ですが、その歴史を調べていたら、実は京都宇治では老舗のお茶屋さんだったんですね。
歴史のあるお茶屋のスイーツなら、本格的なお茶の味が楽しめるでしょう。

 

ここからは、伊藤久右衛門の歴史について、少し話してみよう、と思います。

 

 

伊藤久右衛門は、江戸の後期から、京都宇治田原町でお茶をつくり続け、1952年に宇治茶の小売業をはじめます。
伊藤久右衛門は、宇治で初めての「抹茶そば」を生み出します。
それ以来、抹茶スイーツの開発といった、お客様に満足していただけるような商品を追求しています。

 

 

伊藤久右衛門のお茶の特徴

お茶のスイーツは、使われるお茶の質が、味に直結しますよね。
だから、本当に上質なお茶を使っているものを贈り物には選びたい、と思っているんですが、伊藤久右衛門なら間違いないですね。

 

なぜなら、お茶の質にこだわっていて、宇治を代表する生産農家だけと契約をしているからです。
そして、昔から続く伝統的な栽培方法を守っている、という点もすばらしいですね。
機械で摘むことが主流になっている今でも、高級銘茶には手摘み一番茶を使っているんです。
さらに、摘んだその日に蒸して加工されているのも、鮮度が高いお茶を楽しめるポイントでしょう。
また、お茶の市場で仕入れている茶葉についても、生産履歴が明らかになっているものだけを厳選して使っているんです。
これなら安心ですね。

常に新鮮な抹茶を楽しめる!

どんなにおいしいお茶でも、衛生状態がキチンとしていないとだめだと思っているんですが、伊藤久右衛門はその点も万全で、農家、またはお茶の市場から仕入れた茶葉は、衛生的で管理がしっかりとされた製茶工場でさらに完成されたお茶になっています。
抹茶については、いつも新鮮な状態で届けるために、必要な量だけを石臼で挽いているんです。手間をかけて、新鮮な抹茶をいただけるのはうれしいですよね。また、玉露や煎茶はお茶を葉や茎、粉に選別をして、その後整形をし加熱後乾燥を行い、香り高いお茶が出来上がるんですが、さらに、品種やお茶園が違う茶葉をバランスよくブレンドしていて、一年中、味や香り、色が変わらないお茶を届けることができるんです。

 

本当においしいお茶を使った伊藤久右衛門のお菓子なら、お中元として選ぶのは当然、といえますね。